摂取すべき成分|アンチエイジングに効くプラセンタサプリ|種類によって成分が違う

アンチエイジングに効くプラセンタサプリ|種類によって成分が違う

女の人

摂取すべき成分

ドラッグ

様々な健康効果

フコイダンとは、コンブやワカメ、モズク等といった褐藻類の粘着物に含まれている成分です。俗にいう、ヌルヌル、ネバネバ成分のことです。昔から褐藻類のヌルヌル、ネバネバは体に良いとされてきましたが、現にフコイダンには健康効果があります。しかも、抗酸化や抗菌、胃粘膜保護や胃潰瘍治癒促進、血中コレステロールの低下等、非常に多岐にわたります。従って、褐藻類は毎日でも食しておきたい食べ物なのです。ただ、褐藻類は好みが分かれる食べ物であり、好きではないという人も多くいます。また、外食のメニューには褐藻類がない場合も多くあるので、外食が多い人はフコイダンの満足な摂取ができていない可能性があります。しかし、フコイダンはサプリメント化されて販売されていますので、サプリメントを使用すれば、褐藻類が苦手でも、外食が続いても摂取することは可能です。

がんにも効力を示す

フコイダンは、がんに対しても効力を示します。人間の体は60兆個の細胞で構成されていると言われており、その定数の中で新陳代謝が行われています。つまり細胞は、いずれ死ぬのですが、それは遺伝子の中に組み込まれており、細胞は自ら死を選択しているのです。しかし、がん細胞は遺伝子に異常があり、自ら死ぬことはないのです。よって、増殖し続け、体に様々な危害を加えることになります。フコイダンには、がん細胞の異常な遺伝子に働きかけ、自ら死ぬように誘導する能力があるのです。また、がんの発症は、がん細胞に対抗する免疫細胞の弱体化が原因の1つとなっているのですが、フコイダンには免疫細胞を活性化させる能力もあります。このようなことから、がん治療においてもフコイダンは高い関心が寄せられています。