女性ホルモン低下の対処|アンチエイジングに効くプラセンタサプリ|種類によって成分が違う

アンチエイジングに効くプラセンタサプリ|種類によって成分が違う

女の人

女性ホルモン低下の対処

生薬

自律神経の乱れ

更年期障害とは女性が閉経を機に体の基本的なホルモンバランスが崩れてしまい、様々な不安や症状がおきる疾患の事です。閉経により卵巣の動きが低下してしまうと女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少してしまいます。エストロゲンとは卵胞の成熟を促したり、自律神経、感情の動きや脳の働きを整え女性らしさを向上させる作用があるホルモンです。このエストロゲンの低下すると自律神経の乱れが生じます。自律神経が乱れることで血管の拡張、収縮の調整がうまくできずにのぼせや発汗、イライラや目まい、不眠、頭痛などが起こります。これらの症状が更年期でよく言われるホットフラッシュです。そして自律神経の不調に効果があるのが漢方の服用です。漢方は体の自然治癒力を引き出すことで自律神経の安定や健康維持を目指すものです。更年期障害でよく処方されるのは当帰芍薬散や温経湯、女神散などです。

穏やかに治療するために

漢方は同じような症状でも体系や症状によって効果が異なります。当帰芍薬散は、小柄で虚弱体質の方に、冷え性や貧血、頭が重い等の症状に有効です。女神散は比較的体力のある方に向いており、のぼせやほてり、便秘等に有効で特に鬱などを伴う場合に効果があります。市販の漢方薬もありますが、自分の症状に合った漢方を正しく服用するには専門医の処方を受ける必要があります。また更年期で見られる症状には、頭痛や肩こりなど元々の体質で起こりやすい物もありますが、他にも高血圧、メニエール病や甲状腺の病気など他の病気が原因で起こる症状と似ていることもあります。全てを更年期障害のせいと思うことがないように注意が必要です。更年期の症状がつらくて日常生活に支障が出る場合は、我慢せず早めに更年期外来を受診しましょう。